いつか書きたい『三国志』内掲示板

名前
件名
メッセージ
画像
メールアドレス
URL
文字色
編集/削除キー (半角英数字のみで4~8文字)
プレビューする (投稿前に、内容をプレビューして確認できます)

風と炎と - しせい

2017/01/01 (Sun) 12:07:11

堺屋太一の「風と炎と」に、

「劉備、関羽、張飛の本当の兄弟に関する記述は見当たらないし、3人とも1人息子だったという記述もない」

とあるが、3人の本当の兄弟について、新資料が見つかったという話はありますか?

曹丕の人物像 - 司馬欣

2016/08/01 (Mon) 17:22:40

曹叡が子鹿を殺さなかったことに曹丕は感じ入り後継者としたけどそれには疑問があるとありましたけど、私もそうですね
曹丕なら子鹿を射たなかったのは俺への批判かと切れて殺すか軽くても幽閉しそうなイメージです

賈充について - 暇なおっさん

2016/07/16 (Sat) 13:52:30

学生時代に読んだ三国志を久々に読み返しています。
賈充については、私も気になっていたのですが、改めて三国志を眺めてビックリ。
三国志には裴注を含め、賈充の記事はほとんどないじゃないですか!
そこで、晋書の賈充伝をいい加減に繰ってみたのですが、またまたビックリ。賈充は李豊の娘を娶っていたのですネ。

賈充が高貴郷公の弑逆事件で、かなり大胆な行動に出たのは、李豊の族滅で栄達が見込めなくなった事を挽回する『一発逆転の秘策』なのでしょうか?結果的には魏晋禅譲の決定打のなったわけですから・・・

外戚政治について
賈充の娘が太子に嫁いだのは、賈充の涼州転任を防ぐために、荀勖が画策したように晋書・賈充伝には書かれていますネ。
これって、『賈充が中央にいなければ困る』という派閥があったという意味ではありませんか?
司馬炎が外戚に対して、どれほど脅威を感じていたかは不明ですが、賈皇后の選出には外戚問題よりも、足元の派閥争いがネックになったのでは?

外戚政治 - しせい

2016/07/14 (Thu) 14:22:30

>福原啓郎『西晋の武帝』で西晋末を知る。(2)

>291年3月と6月に、楊駿・楊太后・司馬繇・司馬亮・衛瓘・司馬瑋が滅びて、賈皇后だけが残った。しかし、「賈充は既に死んで、賈皇后には兄弟もいないので『外戚としては輔政ノ任には就いていない』」

司馬炎が、賈充の娘を恵帝の皇后に選んだのは、後漢の外戚政治の復活を防ぐためなのか?

ありがとうございました - リョウ

2016/05/26 (Thu) 11:11:20

お忙しいところ誠にありがとうございました。
地図は本当に素晴らしいと思いますので、是非ともご検討のほどお願い致しますm(_ _)m
見直しされる日を気長にお待ち致します(^O^)
誠にありがとうございましたm(_ _)m

樊城について - リョウ

2016/05/18 (Wed) 03:03:32

過日こちらで西平について質問させて頂き、詳しくお教え頂いたリョウです。その節は誠にありがとうございましたm(_ _)m

最近は郡国志+地図を大変興味深く拝見させて頂いております(おそっw)
大変素晴らしく、書籍化を心待ちにしていましたが、これは書籍化しないんじゃないかということに気がついてきた今日この頃ですσ(^_^;)
荊州南部や交州・南中なども加えて、是非とも書籍化して図解三国志(最近再販されましたよね(^O^) また購入しましたw)みたいな感じで出ないかなあと妄想しておりました|_-)チラッ

ところで、この地図の荊州についてなのですが、「219年、(中略)関羽は曹操領の事件を見て、この年に息子の関平や配下の趙累らと共に水陸から南陽郡に進軍する」と樊城の戦いのwikiにあるのですが、樊城はどこなのかと思い至った次第です。前述の図解三国志では漢水の支流?(襄陽の北を東西に走る川)を挟んで北側にあり、貴HPの地図の鄧県にあたるのではないかと推察しましたが、これは新野郡なのかなと…。図解三国志には「関羽の1000の軍勢が潁川郡方面にも進出」という記載もあったので、これをもって南陽郡を経て潁川郡にも一部進軍したのかなぁとも思いましたが、一度お伺いできればと思い投稿致しました。大変お忙しいところ誠に恐縮ではございますが、お教え頂けましたら幸甚の至りに存じますm(_ _)m

Re: 樊城について 佐藤ひろお

2016/05/25 (Wed) 19:50:35

地図を見て頂きましてありがとうございます。
書籍化というか、印刷するのであれば、もう1回、ちゃんと見直しをかける必要があります。「見直し」をしたくなったときに、ついでに印刷をするかも知れません。

樊城の戦いのことは、いまあまり考えていないので、よく分かりません。いずれ巡りあわせで、樊城の戦いが気になってくるときがあると思いますので、そのときに調べます。
こんな答えですみません。

孫権 - 李義府

2016/03/11 (Fri) 20:26:04

04) 漢魏革命を祝うが、曹丕に叛く

文帝紀で曹操は、劉備の下手をわらう

曹丕じゃない

Re: 孫権 佐藤ひろお

2016/03/12 (Sat) 16:16:31

ご指摘ありがとうございました。修正しました。

Re: 孫権 - 李義府

2016/03/17 (Thu) 00:29:53

古い記事の助詞違いとかって指摘しない方がいいですかね?かなり細かいですし

Re: 孫権 佐藤ひろお

2016/03/18 (Fri) 04:51:48

作成時期をさかのぼるほど、助詞どころか、根本的に内容がまちがっているものが多いと思います。
ご指摘をいただいたら、直せるときに直そうとは思いますが、お手数だと思いますので、「個人サイトの精度なんて、せいぜいこんなもの」とお見逃しください。

Re: 孫権 - 李義府

2016/03/28 (Mon) 22:13:57

は~い。劉義隆と劉曜の記事おもしろかったです

五路の計と鄧芝について - 夏侯ぼう

2016/02/11 (Thu) 22:30:43

こんにちはいつもサイト楽しませていただいております。

実は、鄧芝についてどうしてもわからないことがありまして、
ひろおさんに伺ってみようと思ってきました。
このサイトに書いてる話ですが、ttp://2nd.geocities.jp/gamefurby/main/s/toshi.html

「魏が五路の計を使って攻めようとした時、鄧芝に聞いてみたところ、
 四路までは孔明と同じ解答をし、呉に対してだけはわかりません
 と言ったところ、呉への使者に抜擢された」と

かなりおもしろそうなエピソードと思うんですけど、どこ由来の話なのかわからないんです。

毛宗崗本にも李卓吾本にもそんなことは書いてない。通俗三国志にも、吉川にもない。
嘉靖本かな?と思ったけど、私は持ってないのでわからない。

もしご存知でしたら、教えて下さいませ。

Re: 五路の計と鄧芝について 佐藤ひろお

2016/02/12 (Fri) 16:57:26

こんにちは。ご覧になっていただき、ありがとうございます。
鄧芝のこと、『三国演義』第八十五回の後半を踏まえて書かれているかと思いますが、やや独創的にまとめた結果、新奇に見えるのかも知れません。直接、サイトを作った方に質問なさってみてはいかがでしょう。
こんな回答ですみません。

Re: 五路の計と鄧芝について - 夏侯ぼう

2016/02/13 (Sat) 00:33:19

レスどうもありがとうです。

演義八十五回の後半は、
鄧芝「対魏はゆるゆると時期を待ち、呉とは和を結ぶべきでしょう」
孔明「私と同じ考えだな」
という流れですよね。一般的には

”四路を言い当てた”というのは、なかなか独特のエピソードで面白いと思ったのですが、
うーむ わかりそうにないですか
そのサイトの人とも連絡つきそうにないし…

無題 - iti

2016/02/08 (Mon) 13:05:41

「他人の否定ばかりして、代替案を出さない奴とは、付き合いたくない。気分が悪くなるだけだ」

代替案を出さなければいけないのは
否定した人じゃなく
否定を受けた人間のほうだと思うけどね

はじめまして - ナナエ

2015/12/10 (Thu) 02:18:55

はじめまして。最近佐藤さんのサイトを知りました。
幼い頃から三国志が好きなので楽しく拝読しております。文章が読みやすくて面白いです。
孫堅の延命は大変面白そうだなと思いました。個々で好きなのは于禁や鮑信なので、呉については魏ほど深く考えた事がなかったのですが、呉の幸せというものは難しいですね。
優秀な人が早世するイメージなので孫堅や孫策、周瑜が長生きしてくれればとは思いましたが、書かれてもいましたが孫権はもう少し早く逝くべきだったとも見かけるし、興味深いなと。

あと、Twitterをやっておらず、同人誌の件を先日知って是非読みたかったと残念に思っております。通販もなさっていたのですね。もう少し早く知っていれば…。
また出版される際には是非是非購入させていただきたいです。応援しております。

Re: はじめまして 佐藤ひろお

2015/12/11 (Fri) 05:33:37

ナナエさま
はじめまして。サイトをご覧いただき、ありがとうございます。
于禁・鮑信がお好きとのこと、曹操が兗州で初めての領土を得るあたりに、ご興味があるのでしょうか。まだ弱者のころの曹操は、それ以後とは違った魅力があるような気がします。

孫堅の延命の件、原案を書き散らかしたまま放置しておりますが、いずれ本を作れたらと思っています。
同人誌ですが、『曹丕八十歳』と『反反三国志』の二種類を作っておりまして、どちらも少し在庫がまだあります。
ご興味をお持ちでしたら hirosatoh0906@yahoo.co.jp に、書名と「通販希望」と書いてメールを頂きたく、お願いします。詳細をご連絡させていただきます。


Copyright © 1999- FC2, inc All Rights Reserved.